悪魔払い

除霊ページでも少し触れましたが、この世界の中には霊ではないものも存在します。
物質である体を持ったことのない者がいます。
そしてそれが悪いものであれば人間の体を利用するのです。

私の悪魔祓いはテレビでやってる様な大掛かりな仕掛けも聖水も聖書も要りません、
もし、それが必要という悪魔祓いがあるなら、それは相手に見せるだけの為のエンターテーメントなのです。

悪魔

悪魔とは、邪悪なエネルギーから生まれているもので、役目があり思考も持っていて、
とてもずる賢いのです。
人の考えなどを読み取り、人の潜在意識などをコントロールする事が出来ます、
通常の霊より強く集団で活動する事を好み人間の世界を邪悪なものにしたいとの
目的を持っています。
基本的に出る症状は霊に憑かれた場合に似ていてますが、悪魔はずる賢いので
外観からその人を見た感じではわかりにくく、憑いた人間の内面をより強く
コントロール していくので、内面のダメージが大きく、身体の病気などに導きます。
憑いた人に苦しみや悲しみや怒りなどをより強く与え、そのエネルギーを食べます。

悪魔には、もう一種類の悪魔がいます。私は“エレメンタル”と呼んでいますが、
この悪魔には前述のようなずる賢さはなく、ただ、
人に寄生してエネルギーを吸い取っているだけです。
(この場合は足などにつく場合が多い。)

悪霊

悪霊とは、人間の霊が悪魔に進化したものです。
もともとは成仏する前の魂が長い間浮遊している時に悪魔に捕らわれ、
捕まってしまった悪魔より苦しみや悲しみを与えらていくうちに、
邪悪なエネルギーを徐々に蓄えていき、最後に悪魔に同化してしまったもので、
このパターンの霊は一番人に対して危害を与えます。
(無念な気持ちを残しでなくなった魂が成仏せずにこの世に残り、
悪魔に融合して邪悪な魂に変わる場合などに多いパターン)
特別なパーターンでは生前、霊感が強く、霊媒師や祈祷師や
霊媒的な能力をもつ人間であり、力に対する願望が強く、その世界の事をよく知っていて、
生きていた時に悪魔の力を借りて霊媒の仕事していたの人間の魂、
(生前に悪魔の力を使いお金をもうけていた黒魔術師など、悪魔との誓いを交わしているので死後は悪魔と融合して悪霊に変わる。)
悪霊は他のものと違い憑かれると性質が悪いのがこのパターンです。
悪魔は集団で行動するのですが、それに対して悪霊は個別で行動し、力も強く個人を攻撃する場合に
最もたちが悪いのです。

サイキック アタック

霊視をして見ているとある人には呪文がつけられていたり、あるいは
チャクラを攻撃されていて体は悪くないのに体の調子がおかしいと訴えられる方がいます。
(チャクラとは体には魂のつぼがあり7箇所あります、そのどの部分も大切です。)
病院にいってもどこも悪くないのに、体調が優れず原因不明だったり場合など。
エナジーアタックを受けた方達の中で多いのは。
今まで生きてきて関わった人の中には感の強い人や念の力
(思う事で自分の願望を果たせる力)を出すのが強い人との関わりで
攻撃を受けてしまう場合あります。
一般に多いのが(羨まれる、嫉妬心など)悪い影響では(憎しみ、恨み)です。

特殊なケースは恨みや憎しみを買うことで誰かから恨み返しの代行する
専門の者より呪文あるいは念をかけられる場合のケースもあります
(黒魔術、ブードゥー、宗教など)
最近ではインターネットの普及などによりお金をかければ
誰でも呪いをかける専門のサイトまでありますが残念な話です。

私は、一般的な霊だけでなく、悪魔や悪霊、呪文など全て取る事が出来ます、
そして必ずしも対面も必要は無いのです。

テレビなどで放送したような聖書で相手をたたいたり聖水を使ったり、
派手なエンターテーメントや儀式めいたいものはその多くはやらせだからです。
エンターテーメントは派手でないと説得力はないのです。
本物にはエンターテーメントは必要ありません。もちろん私もしません。
私は自分の体から抜けリモートで悪魔を抜き取り戻らないように連れて行きます。
同じものは二度と戻れません、悪魔祓いは私がもっとも得意なジャンルです。

経験も豊富ですのでご安心下さい。

悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当 悪魔払い 本当悪魔払い 日本  悪魔払い 日本 悪魔払い 日本 悪悪魔払い 日本魔払い悪魔払い 日本  日本 悪魔払い 日本 悪魔払い 日本悪魔払い 日本 

copyright(C) 2008-2017 spiritualsos.net All rights reserved.

My WordPress Blog

error: Content is protected !!